祭りの後 My emotion afterwards

標準

7.8

グループ展が終わってからまだぼんやりとしていますが、色々考えますに、「過去」も「未来」も一緒かも知れません(って、唐突!)。

ここで飾った先生の2枚の小さなお作品やその横に付けた先生のお名前を見て(外から気づいて)来場してくださった方が3名ほどいらっしゃいました。その方々はずいぶんと懐かしがってくださいましたし、先生のご家族の皆さまにも、今回展を開いたことや、先生のお作品を飾ったことなどに感謝していただきました。

そこで思いますのは、「過去」から繋がった「現在」や「未来」に向けて更に新しいご縁に恵まれればいいな、ということです。欲張りかな? でも、先生と奥さまからいただいたご厚情を思うと、こういう方向にもっともっと頑張らないといけないと思うのです。

<このサイトのホームへ。>

I have been quite abstracted since our second exhibition was over. And what I have been thinking since then is that “past” and “future” might be as one, which I know, would sound pretty abrupt.

Three strangers came into the exhibition venue noticing the two small pieces by my teacher displayed there and/or small strips of paper with his name on them beside the works, from outside the venue while walking on the street. They looked very much nostalgic, reminiscing about their transactions with my teacher. On top of that, his daughters who kindly visited the show thanked me a lot for holding it and displaying his works.

Episodes above make me wish to have more and more chances to linked to people. I maybe wishing too much, however, realizing how “past” is linked to “present” and “future” and remembering what great support and affection my teacher and his wife gave me once again renewed my determination to try hard.

<To the homepage of this website.>

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中